自転車登録制について
5月から始まった自転車登録制について疑問があります。

今年導入された登録制は「放置自転車の撤去にあたって,法的な根拠を与える」ことが目的であると風のうわさで聞きましたが,それは確かでしょうか。事実と異なっていれば,ご指摘ください。

また,目的がそうであるならば,「登録されていない自転車の撤去」というのは目的外の行為になり,不当だと考えています。

決議には制度導入前にヒアリングがあったと記載されていましたが,「登録されていない自転車の撤去」は合意事項としてあるのでしょうか。
仮に合意されていなかった場合,大学構内への自転車乗り入れに対する大学当局の過剰規制になりますが,自治会としてどのような見解をお持ちでしょうか。

お忙しいところ申し訳ありませんが,回答よろしくお願いします。
  • ABC
  • 2014/06/23 (Mon) 17:48:45
Re: 自転車登録制について
管理人です。

学生課に確認を行いましたが、府大ホームページの「自転車登録制度」のページにもあるように、自転車登録制度は、中百舌鳥キャンパスで利用されている自転車の所有者を明確にすることで、マナーに対する意識を持って欲しいということと、放置自転車を減少させることによる駐輪場の適切な利用を目的として導入されました。「放置自転車の撤去にあたって,法的な根拠を与える」といったことを目的とはしていません。
現在中百舌鳥キャンパスでは違反駐輪や放置自転車が多数発生し、学内外からも自転車利用などについて苦情が出ており、改善が必要な状況です。しかし、これまでの任意登録制度では登録証の貼付率が低く、また判読不能な登録証が多数ありました。このように所有者が不明な自転車や放置自転車が大量にある状況では、警告を行い改善することは大変困難です。
そのために、学生自治会も自転車の所有者を明確にするために登録は必要であり、また登録を確実にするために、未登録の自転車への警告やその撤去は過剰規制ではないと考えます。
  • 管理人
  • 2014/07/03 (Thu) 19:27:12

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)
  



Copyright (C) 2005- O.P.U. Nakamozu Campus Student Council. All rights reserved.
このウェブサイトに掲載されているすべての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。
Unauthorized use or reproduction of materials contained in this page isstrictly prohibited.